疲れた現代人の心を癒すセラピストになるには

学校で学ぶ前の予習が大事

カウンセリング

事前に予備知識を習得する

心理学を学んで資格を取ろうとするのであれば、大学や大学院に進学するかセミナーで受講しなければ、活動に役立つ資格を得るのは難しくなります。資格によっては学校に通わなくても取得できるものがありますが、学校で取得できるものの方が難易度が高いので勉強しがいがあると思います。現在で心理学関連でよく知られている資格といえば、産業カウンセラーや臨床心理士です。大学を卒業して取得できる認定心理士というものもありますが、心理学の専門家として活動するに役立たせるには少し厳しいものかもしれません。しかし認定心理士を取得して心理カウンセラーとして活動する人もいるので、必ずしも役立たないものではありません。その心理学関連の資格を取るために学ぶのであれば、まず、学校に通う前に予備知識を習得するほうが勉強しやすくなります。最近では徐々に減ってきていますが、心理学を学ぶ人の中には誤解している人もいまして、いざ勉強してみると「思っていたのと違う」という人は意外と少なくありません。本当に心理学を学びたいと考えるのであれば、本屋で販売している心理学の本を読みましょう。また心理臨床やカウンセリングについての本、そのほか心理学者が出版している本など読むだけでも、心理学がどのような学問分野なのかを理解することができます。少しだけでも予備知識を頭に入れておくことができれば、学校で勉強を始めることになってもペース良く学習していくことができるようになります。